クボ桂汰ー百年、待つ(夢十夜)ー 夢百帖100人展 | PinpointGalleryオンライン

1/10

クボ桂汰ー百年、待つ(夢十夜)ー 夢百帖100人展

¥11,000 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

クボ桂汰
「百年、待つ(夢十夜)」

夢百帖100人展 2022年

全て一点ものです。マットはそれぞれの作品についております。
画面サイズ H200×W150 mm
マットサイズ H250×W200 mm

●第一夜「百年、待つ」
百年、私の墓の傍に座って待っていてください。
きっと逢いに来ますから(夏目漱石「夢十夜」より)

●第二夜「悟らねば」
そういつまでも悟れぬところをもってみると、
お前は侍ではあるまいと和尚は言った。(夏目漱石「夢十夜」より)

●第三夜「やがて重くなる」
何がって、お前がおれを殺したのは今からちょうど百年前だね
(夏目漱石「夢十夜」より)

●第四夜「深くなる、夜になる」
見ておろう、見ておろう、今にその手拭が蛇になる
(夏目漱石「夢十夜」より)

●第五夜「一番鶏が鳴くまで待つ」
鶏が鳴く真似をしたものは天探女(あまのじゃく)である。
(夏目漱石「夢十夜」より)

●第六夜・SOLD OUT

●第七夜「船は西へ行くのか」
あたりに人のいない時分、思い切って海の中へ飛び込んだ。
(夏目漱石「夢十夜」より)

●第八夜「床屋の鏡は六つ」
旦那は表の金魚売をご覧なすったか。(夏目漱石「夢十夜」より)

●第九夜「お百度を踏む」
こんな悲しい話を、夢の中で母から聞いた。(夏目漱石「夢十夜」より)

●第十夜「豚の鼻を洋杖で打つ」
庄太郎が女に攫われてから七日目の晩にふらりと帰って来て、急に熱が出てどっと、床に就いた。(夏目漱石「夢十夜」より)

(作品のイメージと画像が異なることがございますのでご了承くださいませ。イメージ違いによるキャンセルは受けらませんのでご注意ください。)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (2)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥11,000 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品